ミニマムライフ

ミニマムな暮らしと日常を書いています

片付けとダイエットの関係

こんにちは。

アラフォーミニマリスト、mini-ayaです。


年齢を重ねると。

部屋の中にも、体の中にも

いらないものを溜め込んでしまいがちになりますよね?



f:id:mini-aya:20190822110247j:plain
空白多めのキッチン棚



片付けとダイエット。

全く違うことのように見えて、

本質は同じなのではないかと思うのです。


ミニマリストの方々を拝見しますと、

性別、年齢を問わず

シャープな体型をされている方が多いことに気が付きます。


部屋に不要なものを持ち込まないこと。

体に不要な食べ物をいれないこと。

まさしく、足るを知る、ということ。


せっかくいただいたから。

捨てるともったいないから。

まだ使えるから。





ミニマリストの方は取捨選択がとてもうまいので、

自分に必要な物も食べ物も選ぶのがとてもうまいのです。

ひとつひとつをきちんと吟味して、

厳選して取り入れる。



腹八分、っていいますよね?

満腹になるまで食べない。

食べ過ぎたら、翌日に調整する。

体を動かす。


体の中に、空き、をつくる


そんなイメージです。

体重を増やしすぎると病気になる確率も一気に上がります。



収納も同じく。

ちょっとスペース空きすぎ?

くらいがちょうどいいのです。

7割収納。

隙間を埋めたくなるところをグッと我慢。

物が増えすぎると、身動きができなくなります。



空いたスペースに幸せが舞い込んでくるっていいますよね。





確かに考えてみたら、

空きがあるから置ける。

お腹が空くから美味しく食べれる。

両手がふさがっていたら何もつかめないように…。



幸せな暮らしというものは、

どうやって空きをつくるのか、

ということに尽きるのではないでしょうか?


ひと昔前までは、満たすことが幸せなことだと

みんな思っていたけれど、

これからは LESS IS MORE


限りあるスペースを大切に。

積み減らしていくことこそ、幸せの近道なのだと

ようやく気がつけました。